管理者 のすべての投稿

国際交流員(CIR)マシューのブログ(H29.3月発行 りんぐりんぐ58号掲載)

聖パトリックの祝日 3月17日 

 3月17日に世界中の人々はセイントパトリックス・デーという祝日を祝います。クリスマス、ハロウィン、バレンタインデーは日本でどんどん人気が出てきましたが、セイントパトリックス・デーはまだ知られていない所もあります。
On March 17th many people throughout the world will be celebrating a
holiday called St. Patrick’s Day. Although western holidays like Christmas, Halloween, and Valentine’s Day have gained growing popularity in Japan, St. Patrick’s Day remains relatively unknown.

 聖パトリックはアイルランドの守護聖人です。話は何百年も前に遡り、パトリックは海賊に襲われ、アイルランドにさらわれました。その後、自国に逃れ、カトリック教の司教になりました。そして、彼はアイルランドの人々をカトリック教に改宗するためにアイルランドに戻ったといわれ、彼の命日の3月17日を重要な祝日として祝うようになりました。
Saint Patrick is the patron saint of Ireland. The story goes that hundreds of years ago Saint Patrick was kidnapped by pirates and stolen to Ireland. After escaping and becoming a bishop, he returned to Ireland to convert the people to Catholicism, and whose memory is celebrated March 17th as an important holiday.

 しかし、聖パトリックはアイルランドの守護聖人なのに、なぜ自分の宗教にかかわらず世界中の人々がこの祝日を祝っているのでしょうか?19世紀の後半ごろ、アイルランドではとても大規模な飢饉が起こり、何十万もの人々が亡くなって、他の何十万もの人々はアイルランドからアメリカ、カナダやオーストラリアなどの国に逃げました。アイルランドからの移民は移り住んだ先でも、聖パトリックの祝日を祝い続けました。時間がたつにつれ、祝い事がどんどん大きくなり、多くの人に知られるようになりました。するとやがて、宗教というよりもアイルランドの文化と遺産のお祝いになったのです。
This leaves the question of how an Irish Saint’s festival became a holiday celebrated around the world regardless of one’s religion. Around the second half of the 1800s, Ireland was struck with a huge famine that killed hundreds of thousands and caused hundreds of thousands of Irish to flee the country to places like the USA, Canada, Australia, etc. When Irish immigrants arrived, they continued to celebrate St. Patrick’s Day. As time progressed the celebrations become larger and more well-known, so that soon the holiday became more a celebration of Irish culture and heritage and less about religion.

 さて、アメリカ人はどういう風にセイントパトリックス・デーを祝うでしょう? 多くの人は当日に緑の服を着ます。緑とシャムロックという緑のクローバーは古くからアイルランドと聖パトリックに深い関わりを持ちます。子ども達は(数人の大人も)緑色の服を着て学校へ行きます。それを着忘れてしまう友人を罰として遊びでつねります。ニューヨーク、シカゴ、サバナのような都市では大きいパレードが開催されて、ある都市では川または噴水を緑色に染めるところもあります。
また、もう一つ良く行われている習慣はアイルランド料理を食べ、アイルランドの有名なギネスビールまたは緑色に染められたビールを飲むことです。3月17日に緑の服を着て、仕事終わりに一杯ギネスを飲んで、一緒にセイントパトリックス・デーを祝ってみませんか?
So how do people in the USA celebrate St. Patrick’s Day? Most people wear green clothing. Green and the green shamrock are symbols strongly associated with Ireland and St Patrick. Children (and some adults) often dress in green and go to school, and those friends who forget to wear green on March 17th are playfully pinched as a penalty. Cities, such as NYC, Chicago, and Savannah host large parades, and some cities even dye their fountains or entire rivers green. Finally, one other common practice is to eat traditional Irish immigrant food and drink a Guinness, the most popular beer from Ireland, or to consume beer that has been dyed green in honor of the celebration. This March 17th try celebrating St. Patrick’s Day by wearing a bit of green and maybe even enjoying a Guinness after work!

 

国際交流員(CIR)マシューのブログ(H28.12月発行 りんぐりんぐ57号掲載)

 CIRとして市役所で様々な仕事をしていますが、その中でも児童館や仲良しクラブに訪問することが特に好きです。そこでの目標は、英語が話せるようになることではありません。英語や外国人に興味を持つこと、そして学ぶこと自体に楽しさを見出してもらうことを目標に私は教えています。

続きを読む→

国際交流員(CIR)マシューのブログ(H28.12月発行 りんぐりんぐ57号掲載)

 CIRとして市役所で様々な仕事をしていますが、その中でも児童館や仲良しクラブに訪問することが特に好きです。そこでの目標は、英語が話せるようになることではありません。英語や外国人に興味を持つこと、そして学ぶこと自体に楽しさを見出してもらうことを目標に私は教えています。
 
As a CIR I have different types of work in City Hall, but one of my favorite activities is visiting local child care centers. When I visit these centers my main goal is not to teach English, but to enliven interest in learning English, in learning about people from different countries, and hopefully in learning in general.
 
 
児童館や仲良しクラブに到着したら、まず始めに担当者の方々と打合せを行います。その後15人から40人ほどの、年齢も様々な子供たちが待つ部屋へ入り、実際に交流を行います。レッスンのために用意した写真や絵を使って、私の自己紹介から始めます。
 My usual schedule for a visit to a child care center in the city begins with a brief meeting with the administrators of the facility. After that, I enter a room filled with anywhere from fifteen to forty young children of an assortment of ages, where I proceed to give a short self-introduction using a few pictures.

 その日とても楽しみにしている質問タイムでは、最初は恥ずかしいからか、ベーシックな質問しか挙がりません。しかし少し経てば、好奇心旺盛で想像力に富んだ質問が出てきます。
 Next follows one of the more interesting parts of the day, the Q&A time. Initially the kids are a bit shy and ask me only one or two basic questions, but as soon as there is a little momentum, the children start asking the most imaginative questions.

 質問タイムの後は、私が用意してきた英語のレッスンを開始します。その後は学んだ単語とフレーズを使ってゲームをし、楽しみながら英語を教えています。
 When the Q&A time is over, I begin a simple lesson that I have prepared, after which I teach the children a game or two to help solidify the words and phrases I have taught while also having fun.
 
 子供たちのお世話をすることは、気力がいるとても大変な仕事です。しかしエネルギーいっぱいで笑顔に溢れた子供たちと一緒に過ごすことは、とても貴重な体験であると思っています。
 Taking care and working with children is demanding work that uses a lot of energy, but I think having the chance to spend a little time with smiling and energetic children is a very enriching experience. 

国際交流員(CIR)マシューのブログ(H28.8月発行 りんぐりんぐ56号掲載)

 

  5月上旬、厳島神社の新しい鳥居二つの除幕式が大久喜港で行われました。
In early May a ceremony was held in the Okuki port for the unveiling of two new Torii for the Itsukushima Shrine.

 計り知れないほどの破壊力で、甚大な被害をもたらした平成23年の東日本大震災。大久喜港にある厳島神社も例外ではなく、神社にある鳥居2つが津波で破壊されました。誰もがその鳥居の残骸は海に流され、消えてしまったのだと思っていました。しかし2年後、鳥居は太平洋のはるか向こうで発見されることになるのです。
When the terrible tsunami struck eastern Japan in 2011, along with the immeasurable damage that it wreaked on the east seaboard of Japan, it also destroy two of the three gates that had adorned the approach to the Itsukushima Shrine in the port of Okuki. The debris was swept out to sea and the gates considered lost. But miraculously enough the torii gate pieces would be discovered months later, all the way on the other side of the Pacific Ocean.

 ある日、アメリカ・オレゴン州の海辺で大きな流木が2つ発見されました。発見された笠木は、津波によって破壊された鳥居のものであることが判明し、帰るべき場所が見つかります。オレゴン州にある、ポートランド日本庭園の尽力により、一旦返還された笠木は、八戸での確認と展示が行われたあと、修復作業のため洋野町へ送られました。そして、笠木は厳島神社の新しい2つの鳥居の一部となり、ようやく里帰りができたのです。
One day, two large pieces of drift wood washed ashore on the beaches of Oregon State. As it was soon discovered, these were the two lintels, called kasagi, from the two torii gates that had been destroyed in the tsunami, and it was able to be determined which gates they belonged to. The Oregon State Government shipped back to Hachinohe, to be displayed and reconfirmed as the correct Kasagi pieces, and then sent down to Tokyo to be restored, and finally returned to their original shrine to take their rightful place atop two new torii gate for the Itsukushima Shrine.

 オレゴン州から八戸に笠木が到着した際、私は幸運にも笠木の取り卸し作業を手伝うことができました。また笠木の復元を祝うセレモニーに立ち会う機会にも恵まれました。真新しい鳥居や目の前に広がる海の美しさ、セレモニーを祝福するためバックコーラスとして参加するうみねこの鳴き声以上に私が驚いたのは、両国のコミュニティー意識、友情、誇りです。国際関係は国・国民のレベルにおいて、ときに複雑に絡み合います。しかし2つの国が気持ちを1つにし、同じことに対して共に力を合わせて行うとき、私はお互いの国の将来に対し希望をふくらませます。そして今回のような素晴らしい出来事を、2つの国が共有することができて大変嬉しく思っています。
I was fortunate enough help unload the torii gates’ lintels when they were brought to Hachinohe the first time before their restoration, and fortunate enough to witness the ceremony held to officiate their reinstatement. Truly what was more amazing than the brand new gates, the beauty of the ocean in the foreground, and even the flocks of Hachinohe’s own black tailed gulls, who also joined in the ceremony to provide a wonderful chorus in the background, was the sense of community, friendship, and pride. International relations can be complicated on both a national level and personal level for citizens of any country. But when two communities can join together and work towards a common goal with such unity, I am filled with hope for the future of our two nations, and gratitude that these two communities could complete such an admirable task together.

再建式典当日は、来日していた両親と大久喜港に新しい鳥居を見に行きました。