国際交流員(CIR)マシューのブログ(H29.3月発行 りんぐりんぐ58号掲載)

聖パトリックの祝日 3月17日 

 3月17日に世界中の人々はセイントパトリックス・デーという祝日を祝います。クリスマス、ハロウィン、バレンタインデーは日本でどんどん人気が出てきましたが、セイントパトリックス・デーはまだ知られていない所もあります。
On March 17th many people throughout the world will be celebrating a
holiday called St. Patrick’s Day. Although western holidays like Christmas, Halloween, and Valentine’s Day have gained growing popularity in Japan, St. Patrick’s Day remains relatively unknown.

 聖パトリックはアイルランドの守護聖人です。話は何百年も前に遡り、パトリックは海賊に襲われ、アイルランドにさらわれました。その後、自国に逃れ、カトリック教の司教になりました。そして、彼はアイルランドの人々をカトリック教に改宗するためにアイルランドに戻ったといわれ、彼の命日の3月17日を重要な祝日として祝うようになりました。
Saint Patrick is the patron saint of Ireland. The story goes that hundreds of years ago Saint Patrick was kidnapped by pirates and stolen to Ireland. After escaping and becoming a bishop, he returned to Ireland to convert the people to Catholicism, and whose memory is celebrated March 17th as an important holiday.

 しかし、聖パトリックはアイルランドの守護聖人なのに、なぜ自分の宗教にかかわらず世界中の人々がこの祝日を祝っているのでしょうか?19世紀の後半ごろ、アイルランドではとても大規模な飢饉が起こり、何十万もの人々が亡くなって、他の何十万もの人々はアイルランドからアメリカ、カナダやオーストラリアなどの国に逃げました。アイルランドからの移民は移り住んだ先でも、聖パトリックの祝日を祝い続けました。時間がたつにつれ、祝い事がどんどん大きくなり、多くの人に知られるようになりました。するとやがて、宗教というよりもアイルランドの文化と遺産のお祝いになったのです。
This leaves the question of how an Irish Saint’s festival became a holiday celebrated around the world regardless of one’s religion. Around the second half of the 1800s, Ireland was struck with a huge famine that killed hundreds of thousands and caused hundreds of thousands of Irish to flee the country to places like the USA, Canada, Australia, etc. When Irish immigrants arrived, they continued to celebrate St. Patrick’s Day. As time progressed the celebrations become larger and more well-known, so that soon the holiday became more a celebration of Irish culture and heritage and less about religion.

 さて、アメリカ人はどういう風にセイントパトリックス・デーを祝うでしょう? 多くの人は当日に緑の服を着ます。緑とシャムロックという緑のクローバーは古くからアイルランドと聖パトリックに深い関わりを持ちます。子ども達は(数人の大人も)緑色の服を着て学校へ行きます。それを着忘れてしまう友人を罰として遊びでつねります。ニューヨーク、シカゴ、サバナのような都市では大きいパレードが開催されて、ある都市では川または噴水を緑色に染めるところもあります。
また、もう一つ良く行われている習慣はアイルランド料理を食べ、アイルランドの有名なギネスビールまたは緑色に染められたビールを飲むことです。3月17日に緑の服を着て、仕事終わりに一杯ギネスを飲んで、一緒にセイントパトリックス・デーを祝ってみませんか?
So how do people in the USA celebrate St. Patrick’s Day? Most people wear green clothing. Green and the green shamrock are symbols strongly associated with Ireland and St Patrick. Children (and some adults) often dress in green and go to school, and those friends who forget to wear green on March 17th are playfully pinched as a penalty. Cities, such as NYC, Chicago, and Savannah host large parades, and some cities even dye their fountains or entire rivers green. Finally, one other common practice is to eat traditional Irish immigrant food and drink a Guinness, the most popular beer from Ireland, or to consume beer that has been dyed green in honor of the celebration. This March 17th try celebrating St. Patrick’s Day by wearing a bit of green and maybe even enjoying a Guinness after work!