国際交流員(CIR)マシューのブログ(H28.12月発行 りんぐりんぐ57号掲載)

 CIRとして市役所で様々な仕事をしていますが、その中でも児童館や仲良しクラブに訪問することが特に好きです。そこでの目標は、英語が話せるようになることではありません。英語や外国人に興味を持つこと、そして学ぶこと自体に楽しさを見出してもらうことを目標に私は教えています。
 
As a CIR I have different types of work in City Hall, but one of my favorite activities is visiting local child care centers. When I visit these centers my main goal is not to teach English, but to enliven interest in learning English, in learning about people from different countries, and hopefully in learning in general.
 
 
児童館や仲良しクラブに到着したら、まず始めに担当者の方々と打合せを行います。その後15人から40人ほどの、年齢も様々な子供たちが待つ部屋へ入り、実際に交流を行います。レッスンのために用意した写真や絵を使って、私の自己紹介から始めます。
 My usual schedule for a visit to a child care center in the city begins with a brief meeting with the administrators of the facility. After that, I enter a room filled with anywhere from fifteen to forty young children of an assortment of ages, where I proceed to give a short self-introduction using a few pictures.

 その日とても楽しみにしている質問タイムでは、最初は恥ずかしいからか、ベーシックな質問しか挙がりません。しかし少し経てば、好奇心旺盛で想像力に富んだ質問が出てきます。
 Next follows one of the more interesting parts of the day, the Q&A time. Initially the kids are a bit shy and ask me only one or two basic questions, but as soon as there is a little momentum, the children start asking the most imaginative questions.

 質問タイムの後は、私が用意してきた英語のレッスンを開始します。その後は学んだ単語とフレーズを使ってゲームをし、楽しみながら英語を教えています。
 When the Q&A time is over, I begin a simple lesson that I have prepared, after which I teach the children a game or two to help solidify the words and phrases I have taught while also having fun.
 
 子供たちのお世話をすることは、気力がいるとても大変な仕事です。しかしエネルギーいっぱいで笑顔に溢れた子供たちと一緒に過ごすことは、とても貴重な体験であると思っています。
 Taking care and working with children is demanding work that uses a lot of energy, but I think having the chance to spend a little time with smiling and energetic children is a very enriching experience.