イベント報告 【外国人のための防災教室】

 平成30年6月19日(火)、八戸地域広域市町村圏事務組合消防本部、NPO法人みちのく国際日本語教育センター(MIJEC)との共催で、『外国人のための防災教室』を開催しました。

 日本語教室の生徒さんや市内の外国語指導助手(ALT)、漁業技能実習生など、合わせて72名の方が参加し、「防災講座」「防災ゲーム」「初期消火訓練」「起震車体験」などを行いました。

【防災講座】
八戸市防災危機管理課の大島さんを講師に迎え、「地震・津波・火事」が起きた時にどうしたらいいのか教えてもらいました。
通訳を交えた三者間通話による119番通報体験も行いました。

【非常食を食べてみよう】
ミドリ安全青森株式会社様から提供して頂いた非常食(お米やクッキー、パスタなど13種類)を試食しました。

【初期消火訓練】
水消火器を使って的(火元)を狙う訓練を行いました。

【起震車体験】
東日本大震災などが再現でき、最大震度7までの揺れが体験できます。

【防災ゲーム】
避難グッズ選びゲームと、応急処置コンテストを行いました。
雑誌やビニール袋など、身近なものを使って応急処置ができることを知り勉強になりました。

言葉や文化の違う場所で、災害に遭うのはとても不安なことです。
近くに外国人の方が住んでいるのを見かけたら、普段から声をかけ、いざという時にも助け合える関係を築いておきましょう。

八戸市役所 防災危機管理課の大島さん、八戸消防本部の皆さん、MIJECの先生方、そして参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

イベント報告 【ジャパン・デー・イン・八戸】

 平成30年6月10日(日)、今年で7回目になる外国人住民対象イベント、「ジャパン・デー・イン・八戸」を開催しました。

 今回は、種差漁業生産部会さんと八戸酒造さんのご協力を得て、『漁師漁師体験と酒造見学』を行いました。
 雨は降らなかったものの、風が強く寒い中でのイベントとなりましたが、7ヶ国・36名の方にご参加いただきました。

 種差漁港では、漁師さんや奥さん方(いさばのかっちゃの皆さん)に教えてもらいながら、ウニ剥き・刺身作り・巻き寿司作り・漁師鍋を体験。生の魚やウニを触るのが初めての参加者もいましたが、みんなでワイワイ楽しく料理体験ができました。

「ひらめ、うまくさばけるかな?」 

「ウニの殻剥きに挑戦。一番人気のブースでした!」

「炭火で焼いた鯖(さば)の巻き寿司」

「ソイ、アイナメ、どんこ、平ガニが入った漁師鍋。おかわり続出!」

味はどれも最高!
漁師さんのお話を聞きながら、美味しく頂きました。

八戸酒造では、酒蔵を見学した後、日本酒の作り方についてのお話を聞き、6種類のお酒をテイスティング!

名前やラベルも決まっていないレアなお酒も・・・

帰り際には、それぞれ気に入ったお酒をお土産に買っていました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

イベント報告【中世ヨーロッパから学ぶテーブルマナー】

 平成30年1月31日(水)18時30分より、八戸グランドホテル10階スカイバンケットホールにて「中世ヨーロッパから学ぶテーブルマナー ~西洋料理を楽しもう~」を開催しました。皆さま身だしなみを整え、歴史的背景を学びながら正しいテーブルマナーでお食事を楽しみました。

 

 会場には、縦に配置された長テーブルに銀の燭台が置かれ、なんとも厳粛で荘厳な雰囲気の中、中世ヨーロッパ風の晩餐会が始まりました。
 

 

 講師の八戸グランドホテル顧問 高畑 紀子氏と総料理長 岩脇 隆之氏。笑顔の中にも、凛とした佇まいで登場したお二人。  

      

 各お席に美しく並べられたお皿とカトラリーなどのテーブルセッティング。加えて、メニュー、テーブルマナーのしおり、講師陣のプロフィールなどにも目を通して、しっかり学びましょう~
 
   

 照明を落とし燭台の灯りだけで、中世の雰囲気を味わいました。薄明かりの中、高畑 氏のお話に聞き入る参加者の皆さん。 

   
    
 窓辺に飾られた中世的な雰囲気を醸し出す脇役たち。 
  

 高畑氏の講義~ 

 ナプキンの使い方、座る際、席を離れる際は椅子の左側から、乾杯の仕方、カトラリーの使い方、ドレスコードと宝石の身につけ方などなど、テーブルマナーの基本、歴史的背景を教わりました。

 

岩脇総料理長のデモンストレーション~

 本日のメイン料理、ビーフシチュー作りのデモンストレーションが始まりました!野菜の下ごしらえの後、コトコトたっぷり時間をかけて、ビーフを柔らか~く美味しく仕上げます。

 

 熱心に見つめる参加者の皆さん。

「煮込むことを繰り返すだけでいいのです。簡単でしょ。」
「ぜひ、ご家庭で作ってみてください。」 と岩脇総料理長。

よい香りが辺りに立ち込め、待ちきれない様子の皆さん。

 

前菜  スモークサーモン、ニシンのマリネ、チーズと鶏肉のパテ

 冷蔵保存庫のなかった時代には、燻製、酢漬け、塩漬けなどの手法が使われました。

おひとりずつスープが給仕されます。

     
コンソメスープ   
 

スープの食べ終わりの際のスプーンは、時計の3時の位置に~
 

 

ビーフシチュー温野菜添え
(煮込み続けることも保存法のひとつでした)  

 
本日のデザート(りんごのシブースト) &  フルーツ

 シブーストは、1934年頃フランスの菓子職人シブーストが考案したと言われているお菓子で、パイ生地に甘く煮たリンゴと、カスタードクリームとメレンゲを混ぜてできたふわっふわのクリームを重ね、最後に砂糖をカラメルに焼いたものです。     

  

フィンガーボウル
 フォークとナイフで食べにくいメニューの際に出されます。つまり 「手を使って食べて良い」ということです。今回は、手を使ってぶどうの皮をむきます。汚れたら、音を立てずに上品に指先を洗います。

「両手はテーブルの上に」
「髪の髪の毛には触らない」
「飲み物を飲む際はグラスの縁を汚さないようにその都度、ナプキンで口元を押さえる」
などマナーに気をつけながら、また高畑氏の話に聞き入りながら、夢中で美味しいお料理全7品を完食、時間が経つのを忘れるほど、幸せなひとときでした。

 

 「フォークの背にライスを乗せてもいいのですか?」、「お皿に残ったソースでパンを食べてもいいのですか?」と皆さん、質問は尽きません。
 「マナーは時代とともに変遷するものです。堅苦しく考える必要はありません」と、 どの質問にも丁寧にお答えくださった高畑氏、美味しいお料理を心を込めて作ってくださった岩脇総料理長、本当にありがとうございました。そしてごちそうさまでした。

 

 すっかり自信がついたところで、「次回のホテルでの会食が待ち遠しい」、そんな思いで皆様、家路につかれたことでしょう。

 参加くださったおひとりおひとりに、心よりお礼を申し上げます。
 

 

イベント報告【ハロウィンツアー2017】

 平成29年10月29日(日)、毎年恒例のハロウィンツアーを開催しました。当日はあいにくの雨になり、メインイベントのツアーは中心商店街からはっちの館内コースに変更。 でも、この日を楽しみに仮装してきたこどもたちは、そんなことはなんのその!元気いっぱいに楽しみました。

 

①ハロウィン・イントロ(はっちひろば)
 最初に、ハロウィンの習慣についてお話を聞きます。ツアーでお菓子をもらう際のルールや魔法のことば “トリック オア トリート!(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)” もばっちり覚えたよね。
  
 
 
②コスチュームショー(はっちひろば)
  素敵な仮装のこどもたちの中から、マシューとベンジャミンとジェシカがそれぞれ気に入った仮装の子を選びます。年々レベルが上がってきていて、選ぶのは本当に大変!
  
 
 
③フェイスペインティングコーナー(ギャラリー2、楽屋1、楽屋2)
 はっちひろばのじゃんけんゲームで勝ち抜いた順から2階へ。
 フェイスペインティングコーナーでは、描いてもらう間もドキドキ。中にはすでにお顔に描いてきている子もいて、手に描いてもらったり。
   
 

④ハロウィンプレイパーク(シアター2)
 3つのミニゲームも楽しみました。

<ゴーストバスターズ(的当て)>

ペットボトルの空気砲で的を狙います。うまく倒せたかな~

 

 

 <お菓子釣り>

釣りざおを使ってお菓子をゲット!
  

 

 

 
<パンプキンポンポン(玉入れ)>

おばけの口を目がけてボールを投げるよ!

 

 

 

<写真コーナー>

ゲームを楽しんだあとは外国人スタッフと一緒にパシャッ!

 

 

 

⑤トリック・オア・トリート ツアー(はっち1~3階)
 
コースが変わっても、今か今かと出発を心待ちにするこどもたち。
  

 

 

ツアーガイドの後に続き、 館内を練り歩きます。

 
 

 

  

お菓子ポイント発見!
  
  
  
  
  

 
 

魔法のことば、“トリック・オア・トリート!”
 
 
     

 


こっちでも “トリック・オア・トリート!”

 

 

 

 

もらったあとの「サンキュー!」も忘れなかったね。 

 

 

     

 

参加してくださった皆さま、ご協力してくださった皆さま、
本当にありがとうございました!

 

来年も参加してねー